リドレーのFENIXが復活されたことで、2017のラインナップが出揃った感じですね。
今回はフレームセットの紹介です、他にはディスク対応のオールロード、シクロクロスモデルもあります。

まずは、軽量ふれーむのHELIUM SLX フレーム価格38万5千円税別
プロレースシーンからのフィードバックを受けフルモデルチェンジを遂げたヘリウムSLX。
ボリュームアップしたトップチューブ、ヘッドチューブ、ダウンチューブのフロントトライアングルは更なる剛性アップに貢献。
トッププロライダーの強靭なパワーをロスすることなくしっかりと受け止めます。
それでも尚、フレーム単体の重量は750g を達成。
この異次元の軽量性は如何なる登坂路でも最高のパフォーマンスを引き出します。もちろんヘリウム伝統の細身のシートステーを継承し、その高い振動吸収性は過酷なパヴェ(石畳)でのテストで実証済みです。
またケーブル類のワイヤリングを見直し、ブレーキケーブルも内装に変更。無理のないケーブルの取り回しはよりスムーズなハンドリングを実現しました。
ストレートタイプに刷新されたフロントフォークは優れた反応性とコーナリング性を発揮し、刻々と変化するレース展開において一瞬の隙も逃しません。
また僅かながら軽量化にも繋がっています。上側1-1/8、下側1-1/4 とした上下異径ヘッドチューブやプレスフィットBB30、左右非対称チェーンステー等、最先端テクノロジーを継承。
レーシングバイクとして求められる性能を高次元で達成した最高峰スーパーライトオールラウンダーです。


hslx01am.jpg




HELIUM X 26万8千円税別
フルモデルチェンジしたヘリウムSLX のテクノロジーを継承。
フレーム形状は全く同一としながらも、30.24ton ハイモジュラスカーボンに変更し、適材適所に分けて使用することでコストパフォーマンスに優れるフレームに仕上がりました。
フロントトライアングルはヘリウムよりボリュームアップさせ剛性を強化。
しかし重量はほぼ据え置きの900g を達成。その軽量性は失われていません。もちろんヘリウム伝統の細身のシートステーを継承し、その高い振動吸収性は過酷なパヴェ(石畳)でのテストで実証済みです。
またケーブル類のワイヤリングを見直し、ブレーキケーブルも内装に変更。
無理のないケーブルの取り回しはよりスムーズなハンドリングを実現しました。
ストレートタイプに刷新されたフロントフォークは優れた反応性とコーナリング性を発揮し、刻々と変化するレース展開において一瞬の隙も逃しません。
また僅かながら軽量化にも繋がっています。上側1-1/8、下側1-1/4とした上下異径ヘッドチューブやプレスフィットBB30、左右非対称チェーンステー等、最先端テクノロジーを継承。剛性、軽量性、快適性、コストパフォーマンスのバランスが優れたミドルクラスレーシングフレームです。


helx02as.jpg




NOAH SL フレームセット40万円税別
実用主義で追求するエアロダイナミクス新世代エアロオールラウンダーフレーム
リドレーは最も洗練された空気力学の技術によって、超軽量であり、なおかつ速さとライディングパフォーマンスの本質を見直し、ノアSLをデザインしました。
フォークと統合されたヘッドチューブのエアロインテグレーションや、断面形状を進化させ誕生したインモールドF-サーファス+により、空気抵抗を極限まで減少させています。
更にはコンパクトになったリアトライアングルは横方向の剛性を保ちながらも優れた快適性を実現。
ブレーキシステムにおいては、空気抵抗増ですが、レース現場での調節、ライダー自身がホイール交換する際の利便性を考えスタンダードなキャリパーブレーキに変更しました。
ホイールは最新のエアロワイドリムや、25C のタイヤと互換性があります。
正しく究極のスピードとライディングパフォーマンスを探し求める真のライダーやプロレーサーのために誕生した新世代エアロオールラウンダーです。



nsl03am.jpg




NOAH フレームセット27万円税別
上位機種NOAH SL のテクノロジーを継承したミドルクラスエアロオールラウンダーフォークと統合されたヘッドチューブのエアロインテグレーションや、断面形状を進化させ誕生したインモールドF- サーファス+ により、空気抵抗を極限まで減少させています。
更にはコンパクトになったリアトライアングルは横方向の剛性を保ちながらも優れた快適性を実現。そしてシートチューブとトップチューブの接合部周りの空気の流れをスムーズにし、空気抵抗を低減しました。
ステンレスで補強を施したドロップアウトを使用しており、15g の重量増ですが、安全性とフレームの耐久性の向上を目指しました。
また、ブレーキシステムにおいては空気抵抗増ですが、レース現場での調節、ライダー自身がホイール交換する際の利便性を考え、スタンダードなキャリパーブレーキに変更しました。
ホイールは最新のエアロワイドリムや、25C のタイヤと互換性があります。その結果ライダーの選択肢が増え、より高いグリップ力や快適性を得ることも可能となりました。
まさしく究極のスピードとライディングパフォーマンスを探し求める真のライダーやプロレーサーのために誕生した新世代エアロオールラウンダーです。
新しくなったLOTTOチームカラーブラックにレッドの2カラーです。


noa04as.jpg
noa03am.jpg




FENIX SL フレームセット22万8千円税別
軽量、快適性、空力性を兼ね備え、進化した真のプロユースオールラウンド―エンデュランスバイク

フェニックスSL の開発のコンセプトは全てのサイクリストから真に信頼されるパートナーと成り得るバイクを目指しました。
それは軽量でパフォーマンス指向のマシンでなければなりません。
そして長時間のライディングでも常に最高のハンドリングと快適で安定したオールラウンドーエンデュランスバイクを追求しました。
例えばヘリウムSLXがF1だとすれば、これは24 時間耐久レーシングカーです。
フレームは独自配合の30.24tonハイモジュラスカーボンによって、優れた重量比強度を誇ります。
リアトライアングルはヘリウム"スタイル"を採用し、リアセンターを僅かに伸ばした新たなジオメトリーは快適性と走行性を高次元で調和させることに成功しました。
フォークは新たなテクノロジーであるエアロインテグレーションにより空力特性の向上を図り、そして十分なタイヤクリアランスを確保することで28C タイヤの装着も可能です。
さらにフェニックスより250g 以上の軽量化を達成しました。軽量性と快適性、さらに空力特性を兼ね備え、あらゆるコンディションでパフォーマンスの向上を実現しました。
3カラー展開です。

fsl02cs.jpg
fsl02bm.jpg
fsl02as.jpg



LIZ SLフレームセット22万8千円税別
FENIX SL のフィードバックを受け進化したプロレベルウィメンズロードフレーム

lsl01am.jpg



FENIX フレームセット13万8千円税別
石畳のクラシックレースでもプロが認めたハイブリッドオールラウンドフレーム

石畳のクラシックレースでロット・ソウダルの選手達も使用したプロレベルハイブリットフレームです。
名車として名高いダモクレスからのフィードバックによる「ダイアモンドシェープ」を採用し迫力のあるエクステリアは圧巻です。
ダウンチューブはヘッドチューブ側の接合部を縦に、BB 側の接合部は横へ変形させ接合部分を増やすことにより剛性を上げ、各部分にかかる力を推進力に変換します。
ヘッドチューブには上側1-1/8、下側1-1/2 インチの上下異径のヘッドパーツを採用しハンドリング性能を向上させ、さらには剛性強化によりブレーキングによるたわみも抑えることにより、高い制動力を実現しています。
根元付近でベントされたフロントフォークはパヴェ等の荒れた路面でも振動を吸収しよりスムーズな走行を可能としています。
ボリュームのあるヘッドチューブ、ダウンチューブ、トップチューブのフロントセクションに対し、リアセクションはヘリウムからのフィードバックによるシートステーを採用。
中央部分を横方向に薄く扁平加工させることで振動吸収を向上させています。
高剛性でありながら振動吸収性を見事に融合させたオールラウンドフレームです。
カラーはブラック系3カラー、レッド系1カラー、ホワイト系2カラーの合計6カラー展開です。

jp16-01fs.jpg
jp16-01es.jpg
jp16-01bs.jpg
jp16-01ds.jpg
jp16-01as.jpg
jp16-01cs.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR